ウォーターサーバーのRO水って実は全然、赤ちゃんの粉ミルク向けじゃない?

RO水
赤ちゃんの粉ミルクを冷やすときに、水道水の氷をミルクに投入していたら、妻から注意を受けました。もう新生児でもないんだしいいでしょと押し切りましたが、それでも綺麗な水にこしたことはありません。ちょっとウォーターサーバーが気になって調べてみるとRO水と呼ばれるいわゆる「純粋」が赤ちゃんの粉ミルクに最適と謳い文句がありました。
しかしイクメンとしては、ちょっと思うところがあったので、書いてみます。

スポンサーリンク

RO水とは

まず、RO水の説明ですがRO水の適合マークの規格基準を制定している浄水器協会では以下のように説明されています。

「逆浸透膜浄水器」は、RO(アールオー)浄水器ともいいます。ROとは、Reverse Osmosisの略で、逆浸透現象のことをさします。名前はちょっとむずかしそうに聞こえますが、原水をろ過するために特殊な膜を使う浄水器のこととおぼえてください。
RO浄水器に使用されているRO膜(逆浸透膜)は、汚れた水、つまりさまざまな物質が溶け込んでいる水から、水の分子だけを通過させることができます。
いま日本の家庭で広く普及している浄水器は、水道水に含まれている残留塩素を除去することによって、「よりおいしく飲める水」にしたり、塩素と結びつくことによって生じる有害物質を除いたり、蛇口につながる水道管の老朽化や不備に起因する水の汚れを除いたりするのが、主な役目です。
これに対してRO浄水器は、海水の淡水化プロジェクトなどのプロセスの中で開発されてきました。RO浄水器はまったく飲用できないようなレベルの水も浄水する能力があります。
こうしたRO浄水器がもつすぐれた性能が、現在、実用的な家庭用の浄水器として商品化されるようになってきています。

とのことで、要するに普通の家庭の浄水器よりもはるかに性能の良い浄水装置で処理された水ということです。σ(ΘωΘ)

そして、価格.comとかでも「天然水」か「RO水」かで区分けされるほど、水を選ぶときの重要な指標となっています。

大まかにわけると、天然水はミネラル分が欲しい大人向けで、赤ちゃん向けは純粋であるRO水でということとなっています。

個人的には人工処理された水より天然水の方が良いのでは?と思ったのですが、赤ちゃんにとってはミネラル分が多いと臓器に負担をかけてしまうという理由でRO水が最適と多くのサイトでまことしやかに書かれています。

しかし、私は気づいてしまったのです・・・

サントリーは天然水を赤ちゃんのミルクにピッタリと説明している

その説明は以下の通りです。

赤ちゃんのミルクに使用する水は、赤ちゃんの内臓に負担をかけないためにミネラル分の少ない「軟水」がいいとされています。『サントリー天然水』は、ミネラル分の少ない「軟水」ですので、赤ちゃんのミルクに適しています。

つまり、赤ちゃんの内臓に負担をかけるのはミネラル分の過多であって「RO水」であろうが「天然水」であろうが関係ないということです。

サントリーの天然水はミネラル分が少ない軟水ということですが、こうも説明しています。

硬度100以下が軟水、300以上が硬水、その間の100~300は中程度の硬水というのがおおよその目安
硬度=(カルシウム量x2.5)+(マグネシウム量x4.1)の式で計算できます。例えば、カルシウム量9.7mg/L、マグネシウム量1.5mg/Lの水の場合は(9.7mg/L×2.5)+(1.5mg/L×4.1)=30.4mg/Lとなり、サントリー南アルプスの天然水の硬度は、およそ30です。

つまり、RO水でも天然水でも、とりあえず硬度を見て、100以下(余裕をもって50以下)の軟水であれば、問題ないということです。

そして各社ウォーターサーバーメーカーの水の硬度を見てみると、100超えなんてほとんどありません。当然です。日本の水道水は全国どこでも硬度100以下の軟水なのです。日本人に硬水なんて宅配しても売れるはずがありません。

そういうわけで極論を言ってしまえば赤ちゃん向けの水は、別に水道水でもいいというわけです。(うちも煮沸してますが、元は水道水を家庭用浄水器で浄水したものですし、娘二人はきわめて元気です。)

そうは言っても少しでもわが子にいいものを与えてあげたいのが親心ですが、でも、「純水」なんて自然界には普通にはないものを与えるのって怖くないですか?

ここで私は、もう一つの重大なことに気づいてしまった・・・
考えてみれば当然ですが、粉ミルクは「純水」を使用して作ることが想定されているわけではないんです。
我が家で愛用している明治ステップの説明では

弊社粉ミルクは、国内の水道水で溶いた時に母乳にできるだけ近くなるようにつくられており、それだけで赤ちゃんの成長に必要なミネラルは十分摂取できるように設計されております。
水道水が使用できない場合はカルシウム、マグネシウム等の無機塩類(ミネラル)の少ない市販水をお選びください。
水道水が問題なく使用できる場合は水道水をご使用ください。
硬度 (目安)	120以下(できれば60以下)

言われてみれば当然です。日本で普通に使用される水道水を想定して作られてないと、買っても使えないなんてことになってしまいます。

いろいろと調べてみると勉強になりましたが、結論として
RO水でも天然水でも水道水でも特に問題はないということ。
個人的には硬度30程度の超軟水の天然水が良いのではないかと思います。

それでは長くなりましたが、今日のところはこのあたりで。

(画像提供:Photo AC

[記事公開日:2014年11月28日]
[最終更新日:]

スポンサーリンク

今週のおすすめ記事

子供と妻を襲うダニ被害、最も有効だった対策はコレ!
ダニにかまれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)